FRB公定歩合を0.25%引き上げ0.75%に

 米連邦準備理事会(FRB)は18日、公定歩合を0.50%から0.75%に引き上げると発表した。

 金融市場の継続的な改善がなされていることが大きな理由で、19日から実施される。緊急避難としての融資の必要性があまりなくなってきたこともあり、FRBは声明の中で「これによって、家計や企業が金融状況の引き締めになるとは考えていない」とした。

 この引き上げによって、金融政策や経済見通しを変更するものではないという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる