世界の成功者たちが選ぶ最高峰モーターヨット

成功者だけに許されたオーナーシップ


世界の成功者たちが買うヨット・リーバ
 1979年代、アラン・ドロン、ブリジット・バルドー、カーク・ダグラス…。彼らがヨットとともに海に出る姿はまるで映画のワンシーンのよう。海という特別な非日常空間で、映画スターをかっこ良く見せ引き立てたのがまさしくヨットだった。
 
 その彼らが所有するヨットがリーバ製。1842年にイタリアの港町で設立された、このメーカーが今でも成功者だけが持つことができる世界一のヨットブランドであり続けている。
 
 一通りの趣味を体験してきた人にとっても、いままでに経験したことのない価値観を与えてくれるだろう。

富裕層はなぜリーバを選ぶのか?


信頼性抜群のブランド力が人気
 購入者はリーバを「美しい品質設計」「クオリティーとサービス」「美しいフォーム」「他社にはないデザイン」「頑丈なボディー」などと評価する。また、他のブランドと比べてもエレガンス、ラグジュアリー、クオリティーなどを挙げる。
 
 また、何が購入の決め手となったのか? それは信頼性、トータルクオリティー、ハンドリング、サービスの良さ、デザイン性を挙げている。
 
 19世紀に漁師ピエトロ・リーバに始まったヨット造り。その子孫たちによって受け継がれ、戦時中は競技会での成功で注目を集め始めた。それと同時にプレジャーボートの製造がスタートし、品質とデザインの美しさでも広く人気を集め、不動の地位を獲得するに至っている。その哲学やブランドコンセプトに惚れこんだ成功者たちの間で世界中に口コミで広がっていった。海に出るならリーバだ、と。

実は経営者にピッタリ


ランニングコストは年間約4000万円
 今人気のモデルが「RIVALE」(全長約16.12m、幅4.61m)。デッキ、ソファー、ベッドルーム、バストイレなど居住空間は一通り完備している。オーダーを入れてから、1年半~2年待ちは当たり前だという。
 
 そこまで待ってまで買う必要はあるのかと言うと、実は経営者にはメリットも思いのほか大きい。例えば、会社の福利厚生施設として、従業員のレジャーや社内旅行の一環として持つことも有効だ。また、海の上で大事な商談を行うというのも、また一風変わった趣。相手側にとっては予期せぬビッグサプライズとなり、うまく話が進むかもしれない。また、海外の企業を相手に取引を行う場合でも、リーバを共通言語として話がどんどんと進んでいくかもしれない。
 
 RIVALEの登録関係の輸入消費税、通関諸費用、国籍登録。さらには保証金、係留費用、船舶保険などのランニングコスト(燃料除く)は約4000万円になる。しかし、4年で減価償却が完了し、またメンテナンスがキッチリとしていれば、国際マーケット上でも価値が下がることはほとんどないために、リセールバリューが大きいのもリーバが世界最高峰のプロダクションモーターヨットであるという特徴だ。

初心者でも心配なし


海の不安は専門家がすべて解消
 「買ってみたいけど、ヨットはまったくわからない」。あるいは「海のこと自体がわからないから、買ってもなぁ?」という不安は誰もが抱くだろう。確かに定期的なメンテナンスはもちろん、免許、マリーナの保証金、船舶保険、船舶検査など様々な付帯事項が出てくるが、安心して任せることができるエージェントさえいれば心配はない。また免許がなくても、キャプテンに依頼するだけで良い。乗りたい時に電話一本入れておけば、身一つで出かければ大丈夫だ。陸のような束縛がないのが海。自由な風が吹く海ならば、あとは遠慮なく日常の仮面を脱ぎ捨てて、思い切り楽しめばいい。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる