中国がIMF放出の大量の金を買わない方針か

 中国黄金協会(China Gold Association)は、IMF(国際通貨基金)が放出する約191トンの金の購入をしない見込みだ、と中国紙チャイナデイリーが23日報じた。

 同協会はまだ正式な声明は出してはいないが、ある幹部が証言したのだという。中国はドル準備高では世界一となったが、一部を売却し現在は2位に。その資産の一部を金に回すのではないか、との見方も出ていた。最大の金消費国で、また最大の金生産国である中国の動向だけに、金価格への影響は避けられそうにない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる