ルイ・ヴィトン(LVMH)が現代自動車を商標侵害で提訴

 世界最大のブランドコングロマリット「LVMH」(ルイ・ヴィトン・モエヘネシー)は2日、韓国の自動車メーカー現代自動車が使用した、米スーパーボウルの広告が自社イメージを侵害する内容でブランドイメージを侵害したとして、損害賠償を求める訴訟を起こしたことがわかった。

 問題となった広告映像は、新型のソナタという車種の車の映像で、テーマをラグジュアリーを設定。冒頭で出てくるストリートバスケのボールにルイヴィトンのマークと酷似した模様が入り、その後もキャビア、イセエビなど高級な食材が出てきて、最後に車が出てくるという筋書き。

 車は終盤に出てくるが、冒頭の類似マークが頭に刷り込まれてミスリードされる可能性はある。

 現代自動車はバンクーバー五輪フィギュアスケート金メダルのキム・ヨナ選手のスポンサーにもなっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる