本当に存在した金色のエンツォ・フェラーリ

 金色のエンツォ・フェラーリが、ラグジュアリーオークションサイト「jame’slist」で発売されることになり、ちょっとした話題となっている。

 エンツォ・フェラーリは創業55周年記念モデルとして発売され、限定399台の生産。日本人デザイナーの奥山清行氏がデザインしたことでも知られる。日本には約1割ほどが輸入されたと言われている。当時の新車価格は7850万円だったという。赤色が多いが、他の色のモデルは希少価値が高く1億円以上で取引されることもあった。

 金色の存在は、アラブ主張国連邦で何台か確認されているとも言われているが、本当のところはわからなかった。また、どのような加工を施したのかも不明。街中に駐車していると、道行く人がほぼ振り返るという注目度の高さだけに、目撃情報はあった。

 誰がどうした経緯で出品したかはわからないが、昨年黒のエンツォがオークションに出されて1億円超えとなったことから、金のエンツォの価格も1億円超えはほぼ間違いないだろう。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる