海外のリーダーがこぞって買うスーパーヨット

人気沸騰につき再販価格も上昇


スーパーヨット市場は上昇
 「あなたのヨットを売ってください」。オーダーから2年間も待ちわびて、ようやく1週間後にスーパーヨットの進水式を迎えるオーナーにこんな知らせが入った。「30億円で買い取る」という条件を提示され、結局オーナーは一度も乗ることなく、手放したという。建造費は約20億円だっただけに、まさに信じられない仰天オファーだったはずだ。
 
 このオーナーは、最初から転売することが目的だったわけではない。もちろん海が好きで、ヨットが欲しかっただけ。しかし、発注ラッシュに沸いている2005年以降は、時としてこうした異常な現象が起きることもあるそうだ。
 
 では、魅力はいったい何なのか? なぜ世界の富裕層たちが夢中になるのか?

EDMISTONで自分だけのラグジュアリータイムを持つ


洋上は自分だけの時間を持てる空間
 スーパーヨットブランドで最高の人気を誇るのがEDMISTON。セールスとチャーターのワールドヨッティングリーダーとして確固たる地位を築き、現在は33歳のジェミー・エドミストン氏が社長として新しいスーパーヨットビジネスの展開を行っている。利用者が優雅で、そしてラグジュアリーな体験をできるよう手配することに長けている。
 
 周りはすべて海、見上げれば一面が空という開放感。船内に入ると豪華な宮殿に入ったような感覚、それは洋上でしかできない。
 
 実際に所有しているのは政治家、ハリウッドの映画スター、プロスポーツ選手ら社会的成功者ばかり。彼らは仕事以外にプライベートの場でも、常にパパラッチたちに追いかけられる。しかし、洋上にいれば周りは見渡す限りの海で近づくことはまず不可能。自分だけの時間を持つことができる。しかも、誰にも邪魔をされることなくプライベートを確保することができるという最高の環境にある。

タイガー・ウッズは洋上で披露宴


披露宴や各種会合にもぴったり
 プロゴルファー、タイガー・ウッズが披露宴を、自身が所有する全長約50m、建造費20数億円をかけたスーパーヨットで行ったことは有名。カリブ海の洋上という舞台は特別で、2人にとっても、また出席者にとっても一生忘れることのない思い出となっただろう。披露宴の後はそのまま新婚旅行へと旅立っていったそうである。
 
 楽しみ方としては、ウッズのように友人や家族の記念日のパーティー。あるいは気の置けない仲間たちだけで集まって日常を忘れて洋上の空間を楽しむのもいいだろう。ビジネス、商談など幅広く応用可能だ。

チャーターでも使用も可


チャーターなら約1000万円から
 自分で所有することに抵抗がある人でも、例えばチャーターならば普通1週間で1000万円~2000万円ほどで、借りることができる。使う頻度が少ない方や、初めてだから少しだけクルーズを楽しんでみたいという人には、こちらの方が賢い選択肢かもしれない。船のタイプは様々な種類の中から選ぶことができる。例えば、品のあるデザインで人気の高い「M/Y ALIVE」は、1週間のチャーターで約3500万円。ゲストスペースは12人で、ダブル5室、ツイン1室。これならば一人当たり300万円足らずで、ヨットクルーズを楽しむことできる。
 
 サンデッキには日光浴を楽しみながら使えるジャグジーバス、それにジム、ダイニングと楽しむための仕掛けはたくさん用意されている。また、衛星放送、通信機器や、各部屋に設置のスクリーンで、200本以上あるDVDでの映画鑑賞や、200枚以上あるCDで気分転換をすることもできる。

 一隻買って、自分の好きなように楽しむのも良し、また仲間たちとお金を出し合って楽しむのも良し。まさに楽しみ方は人の数だけある。あなたのだけのスタイルを探してみてはいかがだろうか。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる