アカデミー賞の元夫婦対決は「ハート・ロッカー」で妻の勝ち

 第82回アカデミー賞の授賞式が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルスで行われ、「ハート・ロッカー」が作品、監督、編集、脚本、音響編集、録音の6冠を獲得した。本命視された「アバター」は3冠を獲得。「ハート―」のキャスリン・ビグロー監督と、「アバター」のジェームズ・キャメロン監督は元夫婦で、因縁の対決は元妻が勝利した。

 今回の女性の監督賞受賞はアカデミー賞史上初。元夫のキャメロン監督の「アバター」は視覚効果、美術、撮影の3冠だった。

 2人は約2年で離婚。キェメロン監督がビグロー監督の才能に惚れこんで結婚したという逸材でもあった。身長は1メートル80を超える長身で、離婚後は社会派のドキュメント映像を発表したり硬派な男義ある作品で高い評価を得てきた。そして、今回、ついに世界一の大監督である元夫が見込んだ才能が万人に認められた格好だ。

 それにしても、元妻がライバルとなるとは、皮肉なものだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる