英ケンブリッジ大学、観光客へ宿泊施設を初めて開放

 英ケンブリッジ大学が、初めて一般観光客の宿泊施設として開放されることになった。海外メディアが報じた。

 これまで大学関係者や会議主席者だけが大学内の宿泊設備を利用することができたが、大学の休暇中に限って個人の観光客も利用できるようになる。1泊朝食付きで53ドル(約4,700円)~144ドル(約13,000円)。客室にはバスルームもあり、またジムやインターネットなど大学内の施設も利用できる。

 ケンブリッジ大学には毎年数千人の観光客が訪れる。かつてアイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィン、O・クロムウェル、ウィリアム・ワーズワースなどの学生たちが利用していた歴史ある建物に宿泊したいという要望は毎年きていたが、主に団体客だった。しかし近年は個人客からの問い合わせが増加していたという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる