メディア王マードック氏、将来は中東が本拠地の可能性も

 世界からメディア王たちが集うアブダビ・メディアサミットが9日、アラブ首長国連邦で行われ、米メディア王ルパート・マードック氏が、中東がニューズコポレーションの本拠地になる可能性があることを言及した。

 この会議はメディア産業でも世界のハブとなることを目指しているアラブ首長国連邦のアブダビで行われ、今回はそのためにマードック氏をはじめ、サウジアラビアの大富豪アル・ワリード王子ら、世界の主要メディアの大物たちが出席した。

 マードック氏は講演し「ニューズコーポレーションは、中東世界のクリエイティブな潜在能力に賭けてみたい」などと述べた。すでに衛星チャンネルの拠点のいくつかを香港からアラブ首長国連邦に移しており、また今後はドバイに製作会社を設立することを計画しているという。

 曲がり角に来ているメディア産業。新たな方向性を打ち出せない企業が多い中で、中東に新たな活路を見出すメディア王。今回の発言は世界中にも大きく報道されており、今後の業界にどれだけの影響があるかどうか興味深い。

 マードック氏はアル・ワリード王子のメディア企業ロターナと資本面、業務面ですでに提携関係にあり、中東展開には積極的。すでにFOXニュースは中東でも、高い知名度を誇り人気がある。


左からアル・ワリード王子、ルパート・マードック氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる