700万円の純プラチナ製「トミカ」

 田中貴金属ジュエリーとタカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」が今年で40周年を迎えることを記念して、純プラチナ製のミニカー「プラチナ トミカ」を制作したことを発表した。4月23日から開催されるトミカ博大阪で一般初公開される。

 今回のモデルとなっているのは、40年前の1970年に国産車をモデルにして発売された最初のトミカ6車種の中で人気のあった車種「日産 フェアレディ Z 432」。全長約7センチ、重さ約210グラムで、車体やシート、タイヤに加え、パッケージに至るまで純プラチナを採用し、パーツのつくりから組み立てまで職人の手作業で仕上げている。参考価格700万円。

・トミカ博大阪(開催場所:ATCホール)
4月23日(金)~5月5日(水)
※4月26日~28日は休館
その後、全国を巡回するトミカ博会場、GINZA TANAKA各店で展示


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる