世界一美しいファーストレディーが公務でノーブラ


サルコジ大統領夫妻と、メドベージェフ大統領夫妻
 フランスのニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領夫人カーラ・ブルーニ・サルコジさん(Carla Bruni Sarkozy)が、公式晩餐会にノーブラで出席したとして、ヨーロッパ全土を巻き込んで話題になっている。

 今月2日、フランス訪問中のデミトリー・メドベージェフ露大統領(Dmitry Medvedev)夫妻を招待しての晩餐会で、夫ともに姿を見せたカーラさん。ぴったりとしたラインのローラン・ムレ(Roland Mouret)のロングドレスを、抜群のスタイルで着こなしているのはさすが元スーパーモデル、だがその姿はどうみてもノーブラなのだ。

 さらには、 ノーパン疑惑まで浮上。ドレスの素材とラインから察するに、その可能性は高そうだ。カーラさんにしてみれば、美しいラインのドレスを損なわせないためのファッション的配慮なのかもしれない。カーラさんは、90年代にパリコレなどで大活躍したイタリア出身の元スーパーモデルで、元職場であるランウェイ上でのノーパン、ノーブラは珍しいことではない。しかし、世界の要人を招いての公式外交の場ではおそらく前代未聞! 晩餐会の席でも、カーラさんのセクシーすぎる姿に客もさぞかし目のやり場に困ったことだろう。


カーラ・ブルーニさん(1995年、パリコレ)
 この件は、英ロンドン・タイムス紙で取り上げられ、「果たして公務にノーブラは是か非か」の論戦も繰り広げられるほど話題になった。イタリア旧貴族の家庭に生まれ、スーパーモデルとして、歌手としてそれぞれ成功し、そして現在はファーストレディーの座を射止めたカーラさん。地味なフランス大統領にいつも世界に振りまく話題を提供している。

 ちなみに、二人は今、W不倫の噂も浮上している。最新の仏マスコミの報道によれば、夫のサルコジ大統領はシャンタル・ジョアノ(Chantal Jouanno)環境・エネルギー管理庁長官と、カーラ夫人はあるミュージシャンとそれぞれ不倫関係にあるという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる