オーストラリア グレートバリアリーフ “世界で一番の仕事”は大変な周遊!?

 “世界で一番の仕事”The Best Job in the Worldと聞けば、オーストラリアで募集していたアノお仕事とピンと来る人も多いかもしれません。

 そう、これは2009年1月~12月、オーストラリアのクイーンズランド州観光公社による世界的キャンペーンで“アイランド・ケアテイカー”という島の管理人を世界中から募集し、給与15豪ドル(約1000万円)で6ヶ月間にわたり、グレートバリアリーフを周遊しながら映像やブログなどで、この地の魅力をPRするお仕事なのでした。



 200ヶ国以上の地域から34,684人もの応募があり、日本人の小林絵美子さんが16名の最終候補者に選ばれたことでも話題になりましたね。私もケアンズから出発して、グレートバリアリーフでダイビングをしたことがありますが、ナポレオンフィッシュやウミガメが悠然と目の前を泳いでいったのには大感激でした。

 さて、このThe Best Jobは、2009年の7月から半年間の期間限定。アイランド・ケアテイカーを務めた英国人ベン・サウスオールさんは、クイーンズランド州観光公社の観光大使として今度は世界中を回っています。2月には来日もされていて、世界で一番の仕事の中身についてうかがう機会がありました。

 なんだか半年間、周遊してそれをビデオやブログで紹介するだけなんて、毎日が悦楽!いいなーと思われると思いますが、これが結構忙しくて、プライベートな時間がないというのが、一番大変だったそう。



 一口にグレートバリアリーフといっても、小さなものも合わせるとなんと300もの島があり、高級リゾートのある島も6つ。ベンさんは62の島を回ったとのことで、半年で平均すると3日に1回は違う島に行っていた計算になります。

 それもボート、フェリー、ヨット、4輪駆動、水上飛行機、カヤックなど、あらゆる手段で訪問したとのことで、ビュアー数が60万件におよんだというブログに紹介する魅力は本当に尽きなかったらしいのですが、周遊もここまで来ると大変なお仕事ですね。(The Best Job in the Worldのブログは:http://www.islandreefjob.com/)

 彼の滞在の拠点だったハミルトン島は、世界でも人気のリゾートアイランドですが、2007年にオープンしたQUALIAは宿泊客18歳以上の大人のリゾート。私もまだ行ったことがないのですが、世界のホテルベスト10にランクされる5つ星リゾートで、7~9月に行けば、オーシャンビューの部屋から北上するクジラが見えることもあるそう。美しい大自然に抱かれた高級リゾートでプライベートな時間が過ごせそうです。



(写真提供:クイーンズランド観光公社)

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる