ドバイ「アトランティス・ザ・パーム」、サメを海へ帰す

 アラブ首長国連邦・ドバイの高級リゾートホテル「アトランティス・ザ・パーム(Atlantis The Palm)」が、ホテル内の水槽で飼っていたジンベイザメを海へ帰したことがわかった。

 海外メディアによると、このサメは2008年に保護されたメスのジンベイザメ。アトランティス・ザ・パームが引き取り、ゲストが観察できるようにホテル内の巨大な水槽で飼育していた。動物愛護団体やドバイの一般市民から、海へ開放するべきだという抗議の声があがっていた。またソーシャルネットワーキングサイトFacebook上で、サメの開放を要求する団体も活動していた。

 ジンベイザメは世界最大のサメで、体長は平均約8メートルまで成長する。熱帯地方の暖かい海でみつかることが多い。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる