ジゼル・ブンチェンさんの収入が増えて増えてしょうがない

 世界一の高額所得スーパーモデル、ジゼル・ブンチェンさん(30)が、スキンケアブランド「sejaa」をスタートさせる。昨年後半は産休したが、3500万ドル(約33億円)を稼いだ。今年はさらに収入を増やすことはほぼ確実だろう。

 ショーはワンショットあたり、数十万円から約100万円。そして、自身が手掛けるサンダルのブランド「イパネマ」はすでに1億足以上を販売。そこに、スキンケア商品が加わる。

 「sejaa」は、ジゼルさん自身が行っている環境保護活動をヒントに、自然の材料を使用している。ジゼルさんは地元ブラジルをはじめ、北米や欧州でも人気は絶大で、しかも毎日使う商品だけにサンダル以上の売れ行きも見込むことができる。

 そして、長男ベンジャミン君を産んだ後は、すでに、カンフートレーニングをするなどして、早期復帰に向けて動き出している。ファッション誌「VOGUE」4月号の表紙を飾っているように、臨戦態勢はできている。ランウェイへの復帰も近いのではないか。

 現在まで5年連続で長者番付1位だが、もうすぐ発表される昨年分のランキングでも、他の上位陣も産休だっため、収入が減らなかった分、1位は確実で、6年連続はほぼ間違いないだろう。

 スーパーモデル史上最強のアマゾネスは、今年はいくら稼ぐのだろうか。それはすべてが誰も超えたことのない未知の領域ばかりだ。


ジゼル・ブンチェンさん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる