NY株が1年半ぶりの高値

 22日の米NY株式相場は、米国が医療保険改革法案が下院で可決されたことを受けて、医薬品関連株に買いが集まった。ダウ工業株平均は、前週末終値比43.91ドル高の1万785.89ドルで取引を終えた。約1年半ぶり高値。

 下院での法案可決から、保険医療の受診者が増えるとの予測から、医薬品メーカーのファイザー、保険のエトナなどが買いを集めた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる