家計の金融資産残高は1456兆円、3年ぶり増加

 日銀は23日、資金循環統計を発表し、2009年末の家計の金融資産残高が1456兆円となったことがわかった。これは前年比2.5%増で、増加に転じたのは3年ぶり。

 現預金は前年比1.5%増加の804兆円、株式は前年比16.2%増の96兆円、投資信託は同10.8%増の53兆円となった。この数字は、調査開始の1979年度以降で過去最高となった。

 株式相場の回復と、現金・預金などの安全資産に移行させたことなどが影響したようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる