米スターバックスが初の株主配当

 米大手コーヒーチェーンのスターバックスは24日、1株につき10セントの四半期配当を実施すると発表した。同社上場以来で初の四半期配当となる。

 同社によると、好業績と財務の改善によって株主還元を行うという。また、それと同時に自社株買いを行い、普通株1500万株の買い戻しも実施するという。株主総会では、これまでの世界中で目指してきた店舗拡大戦略を見直して、今後はすでに確立したブランドと信用力を活かした、インスタントコーヒーの外販などを行っていくということを示した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる