スーパードクターと巡る モナコ・パリ【1】

 4月8日から10日までモナコ公国モンテカルロで開催されました、第8回アンチエイジング医学国際学会に出席するため中部国際空港を4月7日に発ちました。


F1モナコグランプリの準備が進むモナコ湾周辺道路

 昨年まで存在したパリへの直行便はなくなり成田経由での旅になりました。モナコ公国へ至る道のりは大変です。成田で国際線に乗り換え、パリのシャルルドゴール空港へ、ここで国内線のニース行きに乗り換え。

 ニース空港からはタクシーで40分ほど。ホテル到着まで待ち時間も併せて20時間ほどかかりました。モンテカルロでの宿泊はいつも「エルミタージュ」。明るく洗練された内装が素敵です。


ホテル エルミタージュ、優雅なロビー

 この国際学会参加は今回で4度目。パリとモナコで毎年1回開催されています。
世界一のファッショナブルで豪華な学術集会と評価されています。バカンスはモナコで過ごされるヨーロッパのドクターが数多く参加されます。その中にはプライベートジェットやクルーザーを保有され富裕層の方を対象にのみ診療を行われているドクターが少なくありません。世界中からスーパードクターが集合です。

 アンチエイジング医療という名の富裕層ビジネスですね。アンチエイジングは古くからヨーロッパで行われてきました。アンチエイジングの世界的な関心の高まりとこの分野での研究や臨床医家の急激な増加から毎年、学会参加者も急増して規模も拡大しています。


急成長しているアンチエイジング医学国際学会

 今回の学会参加は日本から15名、5演題の発表が行われました。今回、学会ではスポーツ医学に関します演題と美容医療分野での2演題発表を希望しておりましたが、演題発表希望者多数からの選定ということで1演題のみ採用されました。本当は、最先端の美容再生医療の発表を行いたかったのですが、美容医療発表は多数とのことで採用を見送られてしまいました。

 私の発表演題タイトルは「Heart rate variability and differential count of leukocytes in athletes: Japanese study」。

 アンチエイジングに関しますスポーツ医学の分野の発表です。発表は、英語で行われました。現在、私は某大学大学院 医学研究科に籍を置いてアンチエイジングの研究を行っており、担当教授である小林弘幸教授と奥様と一緒に会場入りし発表を行いました。


学術発表終了して英語でディスカッション

 小林教授は日本一多忙なドクターの一人と言われるスーパードクターです。外科医であり医療訴訟のスペシャリスト、史上最年少東京都医師会理事、全国での講演、テレビ出演多数で論文数・業績も大学トップクラス、ルックス抜群な元ラガーマン。大学総合診療科のトップで国内の多くのVIP、芸能人の主治医でもあります。

 奥様の小林暁子先生もSTORYをはじめ数多くのメディアに登場して美容皮膚科、美容内科超美人女医として注目を集めています。美容目的の演題が多数を占めますが、最近では栄養や再生医療など数多くの分野での発表が行われています。参加していつも感じることは、学術集会でありながらまるでファッションショーのようにプレゼンや出店企業ブースがおしゃれなことです。


高級化粧品売り場を思わせる雰囲気の医療機器展示ブース

 参加されるドクターもモデルとしても通用されるほどスタイル、ルックス抜群で服装も洗練され華やかな方が多いことに驚きます。華やかなドレスで学会参加される女性ドクターも少なくありません。いかに自分が富裕層かを自慢しあい、けん制し合っているかのようです。国内の学会では見られない光景に刺激になります。学術集会兼バカンス、パーティ……といったあたかもヨーロパ文化が融合した学会です。

 私の参加目的も富裕層触れ合いトラベルでもありました。発表後は、富裕層ビジネスを世界的に行う企業から すかさずアプローチがありました。ヨーロッパのドクターの参加が多いのですが、演題はボトックス治療やヒアルロン酸注入といったしわ除去の治療に関するものが多くその内容の充実さ、レベルの高さには感動します。

 ヨーロパ人は日本人と違ってシミはほとんど気にされません。気にされるのはしわやたるみです。彼らは日焼けがステータスと考えているのでヨーロッパではシミの診療は本当に少ないようです。パワーポイントでのプレゼンでは解剖と臨床をミックスした画像でわかりやすく注入部位や手法を解説されるドクターが多く、国内での学術発表ではまずあり得ない光景です。発表の写真やプレゼン構成も豪華、いくらお金をかけたのだろうと驚くばかりです。

 ヨーロッパの富裕層ドクターにとってスマートかつ優雅に講演を行うことは自分のステータス維持につながると考えているのでしょう。もちろん彼らの年収は日本のドクターとはケタが違います。


学会企業提示ブースには一見して富裕層とわかる優雅な女性ドクターであふれていました

 貴族のような富裕層を対象とした特別な美容医療、アンチエイジング医療は最近では再生医療領域で1回の施術で数百万円の治療費がかかります。クルーザーやジェット機に投資する一部のわずかの金額を自分へ投資することを考えると安いのかもしれません。いずれにしてもお会いするドクターたちはいずれもワールドワイドでミステリアスでした。

 学会会場をあとにしまして それではモンテカルロ散策へ。

……続く

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる