1億円を突破する兼業投資家の投資術

タイミングは二番天井にあり

 空売りに大切なことは、需給とタイミングであることは前回も説明した通り。決してファンダメンタルズではない。しかし、この先の株価を予測することは何より難しい。そもそも、そんなことが可能ならば、売り買いに関わらずすべてが収益機会になる。初心者に手っ取り早く説明するには、二番天井を見逃すなということだ。

 では「二番天井」とは何か? 株式相場や為替相場などの上昇局面において、最初の高値である一番天井よりも高い水準で付けた高値を指す。実際の下のチャートを見た方が理解は早いだろう。2009年に暴騰したGSユアサ株だ。3月から6月にかけて大相場となったことは記憶に新しい。


GSユアサのチャート(出典:ヤフーファイナンス)

 ふみちゃん氏が狙う二番天井とは、2009年8月にある。もちろん長い陽線が大きく伸びた7月に売りを仕掛ければ、より利益の幅は大きくなる。それをあえて、二番天井である8月に狙う意図とは何か?
ふみちゃん氏の前回の話はこちら

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる