オバマ米大統領、娘2人のホワイトハウス適応力に満足

 オバマ米大統領が、娘のマリアさん(11)とサーシャさん(8)について、ホワイトハウスでの生活と学校生活のバランスが上手くとれていると米テレビ番組に語った。

 マリアさんとサーシャさんは現在、私立のシドウェル・フレンズ・スクールに通っている。常に注目されるホワイトハウスでの生活だけでなく、学校生活にも上手く適応し、良い成績を修めているという。オバマ夫妻よりはシークレットサービスの警護も少し緩めで、自由に遊べる時間も両親に比べれば多い。シカゴで生活していた時のように、「時々12人の少女たちがホワイトハウスの3階で騒いでいるよ」とオバマ氏は語っている。

 また、オバマ大統領は「マリアとサーシャは、信じられないくらい落ち着いた子供だ」「私にとって最も重要なことは、彼女たちが全ての人に対して礼儀を持って接し、少しも傲慢になっていないということだ」と、父親として娘たちを大変誇らしく思うと語った。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる