宮本亜門氏、ロンドンで日本人初のミュージカル演出

 演出家の宮本亜門さんが、ロンドンのウエストエンドで6月からロングラン公演として開幕するミュージカル「ファンタスティックス(The Fantasticks)」の演出を手がけたことが発表された。日本人演出家がロンドンのロングラン公演のミュージカルを演出するのは初。

 宮本さんは2004年に東洋人の演出家として初めて、米ニューヨーク・ブロードウェイでミュージカル「太平洋序曲」を演出し、高い評価を得ていた。その時に舞台美術を手がけ、同作品でトニー賞候補にノミネートされた松井るみさんが、今回の舞台美術も手がけている。

 「ファンタスティックス」はロンドンのダッチース・シアターで5月24日にプレビュー公演、6月9日に本公演が開幕する。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる