日本医師会会長に民主支持の原中氏が初当選

 日本医師会(日医)の会長選挙が1日に東京都の日本医師会館で行われ、民主党を支持する茨城県医師会長の原中勝征氏(69)が初選出された。これまで自民党を支持してきた日医が民主党支持となることで、他の自民党支持団体にも影響を与えるとみられている。

 今回の会長選挙には4人が立候補。政権交代後初となる選挙で、日医の政治的立場の行方が注目されていた。総数356票のうち、原中氏は131票、自民党支持の現職の唐沢祥人氏(67)が107票、中立的立場をとる京都府医師会長の森洋一氏(62)が118票だった。当初から原中氏有利と見られていたが、鳩山内閣の支持率低下などの影響で、唐沢氏と森氏が後半支持を増やし追い上げていた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる