第一生命保険が2500円高、売買代金はダントツ1位

 第一生命保険株は2日の東京株式市場で、前日比2500円高となる16万2500円で取引を終えた。売買代金では1785億円で東証1部でトップとなるなど、上場2日目のこの日も注目度の高さは抜群だった。

 この日は午前9時から通常の取引が行われ、一時は16万8800円まで上昇し、最終的には16万2500円に落ち着いた。しかし、売買代金は2位東芝に4倍以上の差をつけたように、投資家注目度という点でズバ抜けているようだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる