訪日中国人の50%、旅行中に28万円以上を買い物で消費

 SBIチャイナブランディングとSBIリサーチは7日、中国人訪日客を対象に実施した日本旅行に関するアンケート調査結果を発表した。ショッピング目的で訪れる街の1位は「銀座」で、全体の約50%が一度の旅行で「20,000元(28万円)」以上をショッピングで消費していたことがわかった。

 アンケート結果によると、ショッピングで訪れる街の1位は「銀座」で、2位が「秋葉原」。銀座で化粧品・アパレル関係の商品を購入し、秋葉原で電器・電子製品を購入するゴールデンルートはまだ健在のようだ。

 購入商品では「電器・電子製品」が1位で52.8%を占め、続く「アパレル」、「日用品」・「化粧品」も40%以上の人が購入していた。また全体の約50%が一度の旅行で「20,000元(28万円)」以上を消費していたことがわかった。ショッピングにおいて改善してほしい点は「バーゲンの実施」「割引券の配布」が最も多く、全体の約70%を占めた。

 個人観光ビザを利用した訪日客の日本に関する情報収集源は「インターネット」で約70%を占め、またフリー訪日客は団体ツアー訪日客に比べ旅行代理店に頼らず自分でリサーチをする傾向があることがわかった。

 日本政府観光局によると、中国春節シーズンだった2010年2月における中国からの訪日客は121,700人。国内事業者の多くが中国人訪日客をターゲットとした商戦を繰り広げ、盛り上がりは年々加速傾向にある。同調査の実施期間は2010年3月13日~3月16日で、対象者は2009年10月1日~2010年3月1日までの期間に日本へ旅行に来た中国人200人。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる