中国の富豪人数6.1%増、平均年齢39歳

 胡潤百富が1日に発表した中国の富裕層についてのレポートによると、中国の富豪の数が2009年に87万5000人に達し、2008年から6.1%増えたことがわかった。

 富豪の定義は個人資産で1000万元(約1億4000万円)以上の資産を所有する人で、資産は投資資産、未上場会社の株、不動産、美術コレクションなどを含んでいる。調査は香港、マカオ、台湾を除く31の州・自治体で行われた。

 調査によると、1000万元以上の資産を持つ富豪は人口の6.7%。そのうち1億元(約13億5000万円)以上の資産を所有する富豪は5万5000人で、2008年より7.8%増加していた。また10億元(約136億円)以上の資産を持つ人は1900人、100億元(約1360億円)以上の資産の人は140人いた。富豪の男女比は7:3だった。

 都市では北京が富豪の数が最も多く15万1000人で、広東の14万5000人、上海の12万2000人が続いた。

 また1000万元の資産を持つ富豪の平均年齢は39歳で、海外の富豪の平均年齢より15歳若く、若くして資産を手にした人が多いことがわかった。また1億元以上の資産を持つ富豪の平均年齢は43歳だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる