白川日銀総裁「景気落ち込みの可能性は後退」

 日本銀行は15日、支店長会議を行い、白川方明総裁があいさつ。「懸念されたような景気が再び大きく落ち込む惧れは、かなり後退したとみられる」と述べ、景気の底を脱したとの見方を示した。

 景気の先行きについて二番底懸念を払しょくした上で、「輸出を起点とする企業部門の好転が家計部門に波及してくるとみられるため、わが国の成長率も徐々に高まっていく」との見通しを示した。

 また、世界経済については「世界経済は、緩やかな回復を続けている。一部でソブリンリスクを懸念する動きもみられるが、全体として改善の動きが続いている」とした。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる