100g・8千円、仏“幻のコーヒー”を完全予約販売

 UCC上島珈琲が、フランス・レユニオン島産の幻のコーヒー「ブルボンポワントゥ」を完全予約制で販売すると発表した。2000セット限定(100g、8,000円)で、16日から予約受付を開始する。

 「ブルボンポワントゥ」は、18世紀にフランス・ブルボン島(現レユニオン島)で発見され、その類稀な香りの高さと甘味のある風味から文豪バルザックやルイ15世を魅了したと言われるコーヒー。しかし1942年に生産が途絶え、「幻のコーヒー」とされてきた。甘味が強く非常に香りが高いのが特長で、現在流通するアラビカ種のコーヒー豆に比べ、カフェイン含有量はほぼ半分の0.6%。

 UCCはブルボンポワントゥを再生するために、レユニオン県庁や現地の研究機関と共同プロジェクトを組み、7年にわたる調査・研究を実施。本格的な収穫に成功し、2007年の日本独占発売以降、毎年一回限りの数量限定で発売している。今年は2000セット限定で、UCCオンラインショップと直営15店舗で発売する。

 また今年は、東京・六本木の「東京ミッドタウン」内アトリウムにおいて、発売記念の期間限定カフェ「ブルボンポワントゥ・カフェ」を16日・17日に2日間限定でオープン。ブルボンポワントゥコーヒーにフランスの焼き菓子、ミニリーフレットをセットし、600杯限定で提供する(1,050円)。


「ブルボンポワントゥ」

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる