俳句にハマるEU大統領、初の句集発売

 欧州連合のヘルマン・ファン・ロンパウ欧州理事会議長(EU大統領)(62)が15日、自身が著した初俳句集の出版記者会見を行った。ファン・ロンパウ氏は日本の伝統的な「俳句」に6年ほど前からハマっていることで有名で、趣味としてオランダ語で俳句を書き続けている。

 タイムズ紙によると、ファン・ロンパウ氏は会見で「俳句は私の精神を目覚めさせてくれます。技術的な合理性や洗練から開放して、精神を基本に戻してくれる。今の私たちには、単純になれる時間が必要なのです」と語った。

 EU代表部大使の小田野展丈氏は「俳句は17音節が基本ですが、それに必ずしも固執する必要はなく、感情と考えを表すことの方が重要です。その点、彼の作品は彼の考えと個性を的確に表しています」と話している。

 ファン・ロンパウ氏の句集はオランダ語だが、英語・フランス語・ドイツ語・ラテン語の翻訳も添えられている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる