ラルフ・ローレン氏、仏最高勲章シュヴァリエを受章

 米ファッションデザイナーのラルフ・ローレン氏が、フランス政府から最高勲章「レジオン・ドヌール勲章」のシュヴァリエを授与された。ラルフ・ローレン氏のデザイナーとしての傑出したキャリアと、財界の指導者として、慈善家としてのフランスへの貢献が評価された。

 授賞式典はパリのエリゼ宮で15日に行われ、サルコジ仏大統領がラルフ・ローレン氏に章を授与した。式にはデザイナーのカール・ラガーフェルド氏や仏「ヴォーグ」誌のカリーヌ・ロワトフェルド編集長なども駆けつけ、ローレン氏を祝福した。

 レジオン・ドヌール勲章はナポレオン1世によって制定されたフランスの最高勲章で、様々な分野で功績があった人に与えられる。5つの等級があり、高位から「グランクロワ」「グラントフィシエ」「コマンドゥール」「オフィシエ」「シュヴァリエ」がある。今年3月には北野武監督がレジオン・ドヌール勲章の「コマンドゥール」を授与されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる