米証券取引委員会がゴールドマン・サックスを提訴

 米証券取引委員会(SEC)は16日、サブプライムローン関連の組成商品で、米金融大手ゴールドマン・サックスが情報開示を怠っていたとして、同社を証券詐欺の疑いでニューヨーク連邦地裁に提訴したと発表した。

 発表によると、ゴールドマンは、ヘッジファンド・ポールソン&カンパニーにサブプライム関連の証券CDO、MBSを組み込んだ証券の選定に関与させたが、投資家への情報開示が不十分で、後に大量に売られたために暴落し投資家たちが10億ドルにも上る大きな損失を出したという。

 ポールソンは2007年4月までにゴールドマンと共同で組成をし、1500万ドルを支払った。そして、2008年1月までにはこのポートフォリオの99%にショートポジションを仕掛けていたという。

 業績を急回復させてきた投資銀行業界にあって、今回のSECの動きがどこまでの影響を与えるのか。また、今後SECがほかの商品や他の会社に目をつけるのかどうか、など様々な面において注目を集めそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる