投資で2000万円の起業資金を作った女子大生2

1日134万円の利益を上げたリーマンショック


女子大生(写真はイメージ)
 前編はこちら
121万円(2007年8月17日)
 134万円(2008年9月30日)

 レイナさんが1日で出した利益の最高額だ。先の方はサブプライムショック、後の方はリーマンショックなどの影響で世界中の相場が大きく動いた日でもあった。

 「いずれも、サブプライムやリーマンショックで大きく動いた日でした。その2つが、わたしの快心のトレードです。今年はまだ動きが鈍いですが、チャンスに備えてそれまでは安全重視でやっています」

 レイナさんは、幾つか試して最も優秀だと思ったシステムを継続して使っているのだという。もちろん、投資は勝てば官軍。だが、いくら優秀なシステムを使ったとしても、結局使うのは人間。誰でも同じ結果が出るということはない。

 「手法の組み合わせが違えば当然はじめから結果は異なりますが、損切りのルールだけは変えずに損小利大のルールだけは絶対に守るようにしていましたから」

 投資では勝敗の分岐点となる損切り。これを徹底していれば、大きなチャンスをそのうちモノにすることができるかもしれない。レイナさんは、こうした投資を日々継続し、2000万円以上の利益を上げてきた。

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる