Twitter導入企業の5割が効果あり

 米ミニブログサービスTwitter(ツイッター)を利用している企業の動向「企業でのTwitter導入に関する動向調査」を行い、導入企業は24.5%、そのうち「効果が出ているの」が50.9%、「経由で顧客から問い合わせが来た」が35.2%に上った。

 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が一般回答者673人を対象
に調査。

 「Twitterを企業活動に導入している」24.5%となったが、「広報ブログを企業活動に導入している」という回答結果の26.7%に迫る数値で、Twitterの可能性に期待する結果があらわている。

 また、導入企業のうち「Twitter導入後、効果が出ている」は半数以上の50.9%となっている。ただし「非常に効果が出ている」との回答は5.5%に留まっている。また「よくわからない」という回答が21.2%となった。

 「Twitter導入後、Twitter経由で顧客から問い合わせが来た」は35.2%。一方で「自社の利益を損なうような悪口・クレームをツイートされた」というデメリットも8.5%に上った。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる