メルセデス・ベンツ、SLクラス特別仕様車を限定発売

 メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの最高級ロードスターSL 350をベースに、内外装にブラックとクローム/シルバーのコントラストを際立たせた特別装備仕様車「SL 350 Night Edition(ナイトエディション)」を計11台限定発売すると発表した。

 スポーティでダイナミックなAMGスタイリングパッケージに、オブシディアンブラックのボディカラー、チタニウムグレーの専用19インチAMG5ツインスポークアルミホイール、ハイグロスドアハンドル、クロームショルダーライントリムなどを装備した。また上質なナッパレザーを随所に使用したインテリアは、ブラックとシルバーのコントラストを強調した精悍さを増したデザインとなっている。

 特別仕様車11台のうち1台は、特別仕様車の為に開発されたマットブラック(つや消しブラック)ペイント「designoマグノナイトブラック」を採用。周囲の風景の映りこみが無く、独特の存在感と雰囲気を醸し出す。同仕様は日本で1台限定販売のため、購入希望者多数の場合は抽選(申込期間は5月10日(土)まで、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店にて申込み受付)。

 価格はベースモデルより80万円高の1280万円、designoマグノナイトブラックは130万円高の1330万円。


「SL 350 Night Edition」

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる