ロンドン塔の隣に住む勇気ある? 高級マンション建設

 観光地として有名なイギリスのロンドン塔の隣に、高級マンションが建設されることが明らかになった。

 ロンドン塔は国王の宮殿でもあったが、同時に監獄として使われ、ヘンリー6世やアン・ブーリン、キャサリン・ハワードなど多くの王や王妃、反逆者や政治犯が処刑された場所でもある。ロンドンの歴史好きには気になるマンションに違いないが、住むとなるとちょっと勇気がいるかも?

 英イブニング・スタンダード紙によると、このマンションは「The Three Quays」という名前で、テムズ川に面し、タワーブリッジや市庁舎を望むことができる。9階建てで、サービスアパートメント97戸、分譲フラット64戸が入る。分譲フラットの価格は約100万ポンド(約1億4300万円)。

 イギリスの歴史と伝統を大切にしつつも、モダンで洗練されたデザインになる。ビルの外壁は石灰岩のパネルで覆われ、ガラスの出窓があり、隣合うロンドン塔の雰囲気と上手く調和するという。建築予定地には現在大きな白いオフィスビルが建っているが今週から取り壊し工事が始まり、完成は3年後を予定している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる