神戸を新たに追加、「ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011」

 日本ミシュランは21日、「ミシュランガイド京都・大阪」に神戸を新たに加えた「ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011」を10月に発行すると発表した。日本語版・英語版が発売される。

 ミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏は、「神戸は関西の主要都市の一つであり、国際色豊かで多彩な食文化が育まれている街の一つです。この地でより優れたレストラン、ホテル、そして旅館を発掘し、より多くのミシュランガイドの読者の方々に届けたいと思います」と語っている。

 神戸市を加えるにあたり、2009年半ばから、ミシュラン社員でホテル・レストラン業界のプロフェッショナルな知識をもつ調査員が、神戸のレストランとホテルを匿名で訪れ、一般客と同じ立場で料理とサービスを体験し評価を行った。また京都・大阪でも、2010年版に掲載したレストラン・料理店とホテルを改めて調査。前回掲載には至らなかった施設、新たに候補に上がった施設も調査を行った。

 昨年の京都・大阪版には、京都の老舗日本料理店のほか、大阪の串揚げ料理店なども入り、その意外なラインナップが大きな話題となった。フレンチ、イタリアンなど名店が多い神戸ではどのレストランが掲載されるのか、三ツ星獲得店は出るのか? 10月の発売が注目を集めることは間違いない。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる