セレブ御用達「ルレ・エ・シャトー」が日本語サイト開設

 世界各国のハイクオリティーなホテルとレストランが加盟する「ルレ・エ・シャトー」が今月、日本語サイト(http://www.relaischateaux.jp)をオープンした。

 ルレ・エ・シャトーは1954年にフランスで発足。世界58か国・480軒のホテルやレストランが加盟し、セレブリティー御用達のリゾート&グルメのトップ・ブランドとして浸透している。日本では、あさば、オテル・ドゥ・ミクニ、強羅花壇、シャトーレストランジョエル・ロブションなど10軒が加盟している。

 欧米のみでなく日本でも年々知名度が上昇し、日本からのホームページ・アクセス数の増加に伴って、今回の日本語サイト開設となった。

 コンテンツの中でも各国のユーザーから人気の高い「テーマ滞在」では、オーナーの個性にあふれた魅力的な施設を「ガストロノミー」「ロマンス」「スパ&ビューティー」「ゴルフ」「ワイン醸造学」「アート&カルチャー」「パーソナル」の6テーマで紹介。美食から癒し、スポーツ、教養まで、幅広い体験による滞在を選択できる。

 またルレ・エ・シャトーは、世界のミシュラン3つ星レストランの過半数が加盟していることが特長。コンテンツの「グランシェフ」では世界の優秀なシェフを紹介し、グランシェフとの出会いを目的とした旅を提案している。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる