「赤プリ」が来年3月末で閉館

 西武ホールディングスは28日、プリンスホテルが運営する「グランドプリンスホテル赤坂」(東京都千代田区)の営業を2011年3月31日をもって終了すると発表した。「赤坂プリンスホテル」の時代から「赤プリ」と呼ばれて愛されてきたホテルが、ついに閉館する。

 営業終了の理由は、施設の老朽化による競争力の低下。近年、外資系高級ホテルが続々と東京に進出し、ホテル業界の競争が激化する中、宿泊客の減少により収益は悪化していた。老朽化した建物の維持・強化のためには大規模な改修が必要だったが、利益率回復の見込みがないと判断し、改修を断念したものとみられる。同社は、「土地等の保有資産の最大有効活用を図るべく、不動産開発を含め、さまざまな検討を行っていく」としている。

 赤坂プリンスホテルは1955年に現在の旧館が開業し、1983年に40階建ての新館が開業。バブルの頃は「赤プリ」と呼ばれ、若者の憧れのホテルとなった。2007年に「グランドプリンスホテル赤坂」に改名した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる