世界一セクシーなブランドCEOの正体

セクシーブランドのCEOの正体とは


(左から)マイク・ジェフリーズCEO、写真家ウェバー氏
 ミステリアスでセクシュアルな雰囲気が漂う佇まいのビル。昨年12月に日本オープンした時には注目度を浴びた「アバクロ」こと、「アバクロンビー&フィッチ」。米国では、愛用するセレブリティもいるなど、日本ではいいイメージが輸入されている。ただ、あまり顔が見えない経営者はどんな人なのか。

 「アバクロンビー&フィッチ」は日本でも親しまれているアメリカンカジュアルブランド。数年前にセレブファッションやLAカジュアルが流行した際に、若者を中心に日本でも知名度が急上昇。2009年12月、ようやく日本直営店がオープンした。銀座店オープン当日は上半身ハダカのメンズモデルたちが出迎え大々的にニュースで報じられた。初日だけで5000人が来店し、売り上げも創業以来最高を記録したという。

 このブランドの名物CEOとして知られるのが、1992年から17年間もその座に君臨するマイク・ジェフリーズ氏だ。古臭いアウトドアブランドのイメージを一掃し、おしゃれな若者にアピールする軽快かつセクシーなブランドへ と変貌させた功労者として、評価する向きもある。

 だが、実際は?

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる