ユニクロ柳井氏が日本一の富豪(フォーブス調べ)

 「ユニクロ」を展開する衣料小売りのファーストリテイリングの柳井正社長(60)が、任天堂の山内溥元社長(81)を抜き、初めて日本一の富豪となったことが、米経済誌フォーブス(アジア版)の調べでわかった。

 フォーブスが毎年発表する「日本の富豪40人」の最新版では、ユニクロが経済危機を背景に消費者を集めるなか、柳井社長の純資産は61億ドル(約5700億円)と、前年から14億ドル増加した。2位はパチンコメーカー、SANKYOの毒島邦雄名誉会長(83)で、昨年の3位から順位が上がった。純資産は前年から2億ドル減少し、52億ドル。

 昨年1位だった任天堂の山内氏は3位に後退した。純資産は前年比 33億ドル減の45億ドル。昨年2位の森トラストの森章社長は純資産が 35億ドル減少して今年は4位。日本の富豪上位40人の資産総額は695億ドル。

 日本の富豪上位10人(敬称略)
順位 純資産(億ドル)
1位 柳井正 Fリテイリ 61
2位 毒島邦雄 SANKYO 52
3位 山内溥 任天堂 45
4位 森章 森トラスト 42
5位 孫正義 ソフトバンク 39
6位 糸山英太郎 新日本観光 37
7位 三木谷浩史 楽天 36
8位 佐治信忠 サントリー 35
9位 武井博子 武富士元会長夫人 28
10位 滝崎武光 キーエンス 24


「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正社長。
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる