米投資家バフェット氏が来年3月に来日

 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、来年3月にも日本を訪れる計画があることを明らかにした。バークシャー社の年次株主総会の後に行われた記者会見で語ったもの。

 バフェット氏の明かした計画によると、バークシャー社の子会社であるイスラエルの工作機械会社イスカルの社長とともに来日する計画。「大型投資案件があるかもしれない」と今後将来的に日本での投資機会の可能性をにおわせた。

 バークシャーはイスカル社の80%の株式を保有。そしてイスカルが一昨年、日本の工作機械メーカー、タンガロイ(本社・福島県)に出資した。

 また、米ビジネスウィークによると、トヨタに対しても「今後も生き残っていることだろう」と意見を述べた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる