27歳の著名実業家が500億円のマネーロンダリングで逮捕

 豪のインターネット界で時代の寵児とも言われた大富豪Daniel Tzvetkoff氏が、米ラスベガスのオンラインカジノで稼いだ現金5億8400万ドル(約540億円)がマネーロンダリング(資金洗浄)などにあたるとして、逮捕されラスベガスの拘置所に収監された。また保釈申請も却下された。

 豪、米の各メディアはこの事件を一斉に報じた。それもそのはずで、ダニエル氏は現在27歳にして、オンラインカジノ、eコマースサイトなどを運営する会社Intabillの代表でもある。豪のインターネットビジネスにおいて、最も成功した若手の一人だ。

 ゴールドコーストに豪邸を建て、ランボルギーニ、フェラーリなどの高級スポーツカーを乗り回し、プライベートジェットで各地を飛びまくる派手なライフスタイルでも、豪国内では注目されていた。

 このたび、オンラインポーカーとブラックジャックで、現金5億8400万ドル(約540億円)を稼ぎ、マネーロンダリング、違法賭博、詐欺の疑いが持たれ、4月に当局に逮捕されている。賭け金の出元を隠すための会社を使って、資金の流れを分かりにくくするという手口を約2年続けていたという。

 ダニエル氏は自らの子供を妊娠中の婚約者とともに米NYに移住を考えていたようだが、その目論見は叶うのだろうか。

 100億円以上の資産があるために、国外逃亡の恐れも多分にあることから、保釈申請も認められなかった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる