ハーバード・ビジネス・スクール新学長はインド工科大出身

 ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)は4日、リチャードP.チャップマン記念経営学講座教授のニティン・ノーリア(Nitin Nohria)氏が、第10代学部長に就任することを発表した。

 ノーリア氏はリーダーシップと組織変革の研究者で、ファカルティ・ディベロプメント上級副学部長や、組織行動学科担当教授を務めた。現在は、HBSリーダーシップ・イニシアチブ共同担当教授。新学長就任は7月1日の予定。

 ノーリア氏は、インド工科大学ボンベイ校で1984年に科学工学士の学位を取得し、2007年に最優秀同窓生賞のメダルを授与された。1988年にマサチューセッツ工科大学スローン経営学大学院で経営学博士号を取得し、行動政策科学分野で最優秀博士論文賞を獲得。1988年に助教としてHBS教職員に採用され、1993年に準教授、1997年に終身教授に昇格し、1999年にリチャードP.チャップマン記念経営学講座教授に就任した。

 ハーバード・ビジネス・スクールは1908年設立の経営大学院。教職員数は200人以上で、MBAや博士号取得のための全日制課程の他、140以上のオープン・エンロールメントおよびカスタム・エグゼクティブ・プログラムがある。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる