サッカー日本代表の全年棒16億円は鳩山首相の資産と同じ

 6月に迫ったサッカーのW杯。5月10日には日本代表メンバーが発表されるが、事前に代表メンバー23人を予想したところ、メンバー全員の年棒は約16億円(純粋な推定年棒のみ)となった。

 ここで取り上げる想定メンバーは、岡田武史監督の起用傾向と、ここ数戦の代表実績、サッカー担当記者の意見など総合的に勘案したもの。

実はこの16億円という値段は、世界最高年棒のポルトガル代表FWクリスチャーノ・ロナウド選手1人の年棒、また、鳩山由紀夫首相の資産総額16億3680万円とほぼ同額となった。

 最高は本田圭佑選手で1億7000万円、最低は平山相太選手の2500万円だった。もちろん、ビッグクラブにとっては選手の見本市でもあり、W杯での活躍次第では大きなオファーにつながる可能性もあり、選手たちにとっては頑張りどころ。もちろん、監督も同様だが。

 ◆日本代表想定メンバー(敬称略、金額はすべて推定)
FW
岡崎慎司 3500万円、玉田圭司 5000万円、矢野貴章 4000万円、平山相太 2500万円、森本貴幸 3200万円

MF
本田圭佑 1.7億円、中村俊輔 1.3億円、遠藤保仁 1億円、稲本潤一 8300万円、長谷部誠 6000万円、小笠原満男 7600万円、山瀬功治 5000万円、中村憲剛 6500万円

DF
田中マルクス闘莉王 1.25億円、中澤佑ニ 1.2億円、加地亮 7000万円、内田篤人 4000万円、長友佑都 2500万円、今野泰幸 7500万円、駒野友一 5400万円

GK
楢崎正剛 1億円、川島永嗣 4000万円、西川周作 3000万円

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる