米4月雇用統計は29万人増で約4年ぶりの大幅増

 米労働省が7日に発表した4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数は前月比29万人増加した。

 非農業部門の就業者数はこれで4カ月連続のプラス。市場予想が20万人増だったために、着実な雇用改善が進んでいると見られる。2006年3月以来、4年1カ月ぶりに大幅な増加となった。

 一方、4月失業率は9.9%となった(前月9.7%)。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる