「大阪都」構想へ向け「大阪府」「大阪市」が両首長激突

 「大阪府」と「大阪市」を再編する「大阪都」構想を掲げている、橋下徹知事はこのほど定例記者会見で、「役所の中でばかり言っていても、それではしょうがないので」と、大阪市の平松市長に職員を通じて申し入れをした。平松市長は受ける方針で6月に実現見込み。

 そもそも、大阪都構想とは、東京都のように、政令指定都市の大阪市と堺市を特別区として、その機能や財源を都に移譲することを目的としたもの。二重行政を解消するのが大きな目的となる。

 構想を巡ってはこれまでに、大阪府は市営地下鉄民営化などを主張し、大阪氏は、府の財政状況は大阪市より深刻だと主張。歩み寄る気配は今のところ、あまりなさそうだ。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる