伊ベルルスコーニ首相が離婚に同意、慰謝料年間40億円

 イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相(73)が、離婚協議中であるベロニカ夫人(53)との間で離婚が近く成立し19年の長い結婚生活にピリオドを打つ見込みだと、伊メディアが報じた。

 週末に5時間に及ぶ離婚調停が行われており、その場でほぼ合意に達したと見られる。当初はベロニカ夫人は年間約50億円の支払いを求めていたが、ベルルスーニ氏は最大でも約5億円しか支払う意思がなく、金額などの条件面で大きな溝があった。

 一部の報道では、夫人には年間300万ユーロ(約3.5億円)と別荘が贈与されるとも報道されている。

 昨年、18歳のモデル志望の女性の誕生パーティーに出席し、一夜を共にしたとされ、それが直接の引き金になって離婚話が持ち上がった。

 最近のベルルスコーニ氏は公私ともに問題が続出。自身がオーナーのサッカーチームACミランのレオナルド監督には、契約満了を前に去られることになった。また、先日は、ロシアで行われた戦勝記念軍事パレードへの出席をギリシアの財政危機対策を理由として直前で取りやめている。しかし、実際はこの離婚調停のことで頭がいっぱいだった可能性がある。

 ベルルスコーニ氏の総資産は、フォーブス誌によると65億ドル(約5700億円)でイタリア2位の大富豪。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる