「日本代表」にカズ三浦知良選手の待望論

 「カズは選ばれるのか」。10日午後2時から発表されるサッカーW杯の日本代表メンバー。43歳となった今でも横浜FCで現役を続けるカリスマ、三浦知良選手だが、選手としてではなく精神的な支柱としてアドバイザー的な立場で「代表入り」があるのでは、との声も出ている。

 「弱くてもいいから、話題性くらいはほしい」とサッカーの現場で中継や取材するマスコミからこのこのような声が出ているそうだ。実力的に世界の列強たちと台頭に戦うことが難しいことくらいはファンはわかっているものの、しかも話題性もない。取り上げる方も困っているという具合だ。

 半ば希望が入り混じった声として、話題性のなさを解消する最大のサプライズはあるとすれば「カズ」「ヒデ」(中田英寿氏)の2枚のカードしかないというのだ。メディア受けを考えれば、当然前者は強烈なインパクトを持つ。

 三浦選手と言えば、W杯出場にはいまだ至っていない。特に1998年には直前で奇しくも今回と同じ監督の岡田武史氏から「外れるのはFWカズ、三浦カズ」の発表で外された。

 当時は、三浦選手が出場しなくても「代表のネタよりも、カズさんネタの方が新聞は売れた」とも言われている。こうしたこともあって、試合の結果はともかく「救世主」として期待する声は周辺から出ているのだ。

 岡田ジャパンは先日のセルビア戦では、控えメンバー中心の相手に完敗。もはや精神的にズタズタの日本代表にとって必要なのは精神的な支柱。さすがに選手としての招へいは難しいかもしれないが、アドバイザー的な存在として帯同すれば、連日マスコミをにぎわすことは予想できる。


「カズ」こと三浦知良選手

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる