アイカーン氏がTOB期限を延長

 米国の著名アクティビスト投資家カール・アイカーン氏が、カナダの映画製作会社ライオンズゲートに株式公開買い付け(TOB)をしている件で、期限を5月21日まで延長した。

 アイカーン氏は、TOBにはすでに740万株の申し出があったといい、今週水曜日に開催するライオンズ社側の臨時株主総会を直前に控えて、もう一度揺さぶりをかけようとの狙いがあると見られる。

 アイカーン氏はすでに、同社の約20%の株主を保有。TOB価格の条件も1株6ドルだったのを7ドルにアップした。だが、すでにライオンズ株は6ドルを超え7ドルに限りなく近づいており、今回の期限延長の提案がどの程度有効なのかはわからない。


カール・アイカーン氏

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる