二子玉川のモロッコ料理にて しばし異国情緒を堪能。

 二子玉川にある、モロッコ料理ル・マグレブは、高島屋の裏手にあるモロッコ料理の店です。途中、フランジュールというリネンの雑貨店があり、そちらによってから、ル・マグレブにお邪魔しました。

 わたくしごとですが、モロッコが大好きで、ガンパウダーというモロッコミントティーの材料を個人で輸入しています。そして、庭にミントが沢山植えてあり大量にチギッて月兎印のコーヒーをドリップするポットで作るんです。お砂糖を大量に入れるんですけど、これが美味しいんです。タジンの購入も考えたんですけど、ヒツジ肉が余り出回っていないのでやめておくことにしました。

 閑話休題。お店にはいると、アイアンランプの山です。キリムが敷いてあったりして、異国情緒が満点です。

 ささ、肝心の料理ですが、前菜の盛り合わせと牛肉のタジンとクスクス、そしてミントティーです。

 前菜は、モロッコはガルバンゾー(ヒヨコ豆)を使ったコロッケが有名です。また、春巻きにお砂糖をかけるのもモロッコの特徴です。



 牛肉のクスクスは、トマト味なんですけど、ぎゅっと旨味が濃縮されてとてもおいしかったです。クスクスというのは、米粒状のパスタです。アフリカではポピュラーな食べ物で、日本のご飯のかわりだと思います。


 食後のミントティーは、錫のポットに出てきました。


 わたしが旅行ガイドをみたところによると(笑)現地の人は、この錫のポットで、一日何杯もあまーいミントティーを飲むみたいです。

 というのも、現地は日差しがキツいので、汗をかくため、甘いお茶を飲む というようなことが書いてあったのですが、水分補給だったら塩じゃないの?と思ってしまったんですけど、まあ、気にしない事にしました。

 こちらのお店はそんなに甘くありませんでした。日本人向けで美味しかったです。沢山いただき、ミントティーも量が多い上に、グラスが小さいので、お腹が本当にいっぱいになりました。

 ごちそうさまでした♪

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる