麻布中学に合格したDくんの家 頭のよい子が育つ家【住まい編7】

典型的な70年代型住宅の間取り

 Dくんの家は東京郊外にある木造二階建ての一軒家です。典型的な70年代建売住宅の間取りで、部屋割も現在の一軒家のような広さがありません。

 1階は6畳に満たない台所と食卓ダイニング。その隣には曇りガラスの格子戸で仕切られた6畳ほどのリビング。そしてお姉さんとCくんの部屋。2階には両親の寝室があります。

 まず1階にある、南向き4畳半和室のDくんの部屋におじゃましてみました。目に入ったのは勉強机。プリントや教科書でぐじゃぐじゃになっています。腕白小僧の面目躍如といったところでしょうが、これでは勉強はできそうもありません。


イラスト/大川陽子氏 『頭のよい子が育つ家』(日経BP社)より

 ではDくんは一体どこで勉強しているのでしょうか?

1 2 3
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる